呼び出しチャイムが活躍する場面は多数!導入するメリットを紹介

サイトマップ
呼び出しチャイムが活躍する場面は多数!導入するメリットを紹介

呼び出しチャイムが役立つ業務場面とは?

OKサインをする

事務所やお店を訪れて誰もいなかったら、大きな声で呼び出しを行うのではないでしょうか。しかしもし入口に呼び出しチャイムが設置されていれば、このように声を上げる必要がなくなります。さほど来客が多くない業務環境の場合は、呼び出しチャイム設置を検討する発想すら浮かばないことがあるでしょう。しかしながらお店や事務所において、呼び出しチャイムを設置するデメリットは考えにくいため、少しでも来客があるならば設置を検討してみましょう。
声を上げて呼び出すことが多い場面と言えば、飲食店を利用した際もその一例となります。座席についてもスタッフに全く気付いてもらえていなかったり、なかなか注文を聞きに来てもらえない場合などは、スタッフを呼ぶことになります。再注文やお水が欲しい場合なども、呼び出すアクションが必要になるでしょう。飲食店ではこのような場面が多いため、呼び出しを負担なく行えるコールシステムの設置が役立ちます。
呼び出しを行うのは、来客者ばかりではありません。お客様を呼び出したい業務場面もあり、例えば複数のお客様に待っていただくような場面です。このようなケースでは、お客様に順番待ちのナンバーを手渡して番号で呼び出す方式がよくありますが、フードコートの様に呼び出しチャイムの受信機を手渡す方法もあります。この方法のメリットは、お客様が特定の場所に座って待ち続ける必要がない点です。

更新情報

TOP